Sun(4/20)のタスク一覧

  • 10th anniversary 企画書作成(6時までに)
  • Comp1 “Shitty first drafts” Reading Response
  • (Reading Activity2)
  • (SOUFY 記事下書き)
text

韓国EBS放送で国際教養大学が取り上げられました

僕、韓国語わからないので、全く内容が理解できませんが、国際教養大学が50分ほど取り上げていただいたみたいです…

link

Baby Baboon's Frightening Encounter with Lions Ends with a Heroic Twist


動物もしっかり考えてるって思えると、人間も同じ動物として、欲ばっかり追っちゃいけないと思うよね。

link

Travel Design - 会社概要

国際教養大学の須崎裕先輩が秋田で起業をしました(4月8日)

秋田の地で「観光=人々の交流」を目指し、AIUで得た国際的な視点と、秋田という自然豊かな場所で学んだことを形にしていくのだと思います。

ひろっぺさんがんばってください!!応援しています!!

link

年間約2万人の行方不明になった子どもたちを救え!撮るだけでボランティアになる「Missing Children APP」

ある日突然、姿を消す子どもたち。中国では年間約2万人もの子どもが行方不明になっており、その多くが誘拐によるものとされています。誘拐の目的は、身代金ではありません。労働のための奴隷や、売春、あるいは物乞いをさせるために、子どもたちを売るのです。

子どもたちを取り戻したい。そんな親たちの願いにこたえるために活動しているのが、「Baby Back Home」という団体です。

link

天井

photo

H-LAB 徳島のハウスリーダーになることになりました。

先月、Facebook上で見かけ応募したH-LAB主催による小布施×Summer Schoolのハウスリーダー(海外留学生と高校生の橋渡し役のような存在)

違う形となりますが、H-LAB主催による別のサマーキャンプ、徳島で行われるものにハウスリーダーとして参加できることとなりました。
高校生に自分は何を教えられるのか…
高校生からどれだけ学べるか…

とても楽しみです。大学生になって忘れてしまっている純粋さを取り戻してきたいと思います。H-LAB運営、海外留学生の方とも積極的に話し、どんどん吸収して、自分も彼ら彼女らに何か残せればいいなと思います。


これから準備がんばります。

text

Steve Jobs' 13 Most Inspiring Quotes

link

先輩とどう知り合うか・・・?

soufy-aiu:



こんばんは!!
Shugoです。

4月1,2日で新入生170人?がこまち寮に入寮し、88人の留学生がAIUの仲間になりました。キャンパスに活気が戻っています。

image


今日の記事は新しく入学した後輩や、つながり作りで悩んでいる同期の役に立てばいいなと言う思いで書きます。タイトル通り「先輩とどう知り合うか?」について…


つい最近、やっと自分と興味の合う先輩達と巡り合うことができ、一緒に問題を見つけ、プロジェクトと言う形にし、あーだこーだいいながら大学のIT担当の教授と話をしたりして、とても充実した日々を過ごしています。入学が昨年9月なので、単純計算この充実を得るまでに半年かかってしまったということになりますね(苦笑)


この先輩達と出会えたのは、MikiやYuiが記事内でも取り上げていたきっかけバスと言うプログラムのおかげです(3/7-10)。「47都道府県から2000人の学生を被災地に送ろう」というコンセプトなため、ただただ被災地のために!というボランティアマインドの人から、何か活性化するための材料を見つけよう!というビジネスマインドの人、未来に生かそう!という教育や防災マインドの人たちまで様々な人が集まりました。被災地に行くと言う共通体験を通して、学部や興味を飛び越えて真剣に震災と向き合うとても濃い4日間でした。


話は少しズレますが、僕は興味や知識の分野が異なる人たちが、ぼんやりとはしているが、同じ目標や体験を共有する空間こそ面白いと思っている。最たる例は米国マサチューセッツ工科大学のメディアラボ、「世界をよりよく」「生活を便利に」など、割と曖昧な目標のために知識とアイデアをぶつけ合い、絡ませれる環境が普通では考えられないものや製品を生み出すんです。生物×電気であったり、デザイン×おもちゃであったり。


きっかけバスも、その一例だと思いました。



先輩とどう知り合うか・・・?


様々な回答があると思います。

飲み会に参加したり。

僕のように大学外のプロジェクトやイベントに参加したり。

サークルに加入したり。

勇気がある人はFacebookなどで興味のある先輩に直接メッセして、会いましょう!と言ったり。


どれが正しいとは言いません。


しかし!僕が尊敬する先輩、すなわちついて行きたい先輩は毎週のようにある飲み会にはいませんでした。(ほとんど行ったことがありませんが)そして、サークルにもいませんでした。僕はバレー部に運動するために入ってますしね。

どこでどんな人と知り合うかなんて全く予想がつきません。ただ、ある程度こういう場にはあういう先輩、ある種の催し物にはそんな先輩!と決まっていると思います。

少しでも興味あるものには参加しましょう。
積極的に参加しましょう!!
ただ、変な理由付けをして自分が正しいと思い込ませるのはやめましょう、大学生です、先輩なんてたかが1,2年早く生まれただけのものです。嫌だったら断りましょう。参加したかったらゴリゴリ行きましょう。


一人になる時間も大事です。しかし、それはたくさん人としゃべった上で自分に落とし込むための時間です。ただただ一人でいるのは楽だからそうしているだけだと思います。


秋田と言う特殊な地です。長く秋田に住んでいる方が街も環境も熟知しています。歴史の浅い国際教養大学、先輩は先輩であるほど昔の国際教養大学を知っていますし、どのように成長してきたか知っています。

これは先輩からどんどん奪うべき知識、ノウハウです。

年齢は関係ありません。ここでは先輩は秋田に長く住んでいる人や自分の興味のあることを自分より長くやっている人のことです。

先輩からたくさん学びたいと思います。
春セメスターが楽しみです。


— リンク —

きっかけバス

text

これだから、田舎だけど秋田は嫌いになれない。

photo

きっかけバス47 秋田青森バスの4日間を動画で記録しました。
BGM:高橋優 -  現実という名の怪物と戦う者たち

東北地方太平洋沖地震から3年1か月…忘れていませんか?
きっかけバスで被災地を訪れた大学生たちは、各々の活躍できる形で「きっかけ」をしっかり生かしています。

きっかけバス http://kikkakebus.tasukeaijapan.jp/
きっかけバス47秋田青森 ツイートまとめ http://togetter.com/li/640884

video

そういえば、入試でこんなこと言いました。

今日ある先輩と話していたときに、ふと、自分が入試の面接で言った内容を思い出しました。

先輩 「国際教養大学生は決して専門性は無い。専門性が欲しければ大学院に行けばいい。ただ、専門性が無い所を強みにしなければいけない、なぜかと言うとリベラルアーツ大学だから。」

俺 「実は僕、入試の時に、自分は専門的な知識や興味を持った人と人をつなげる役目になりたい!と言った気がします。大体ギークが集まると、偏った意見や、ありがちな深い意見しかでないんですよね…でも、全然違う分野の人が集まると、とても面白い突飛な意見が出ると思うんです。もちろん、最初はぶつかりますよ!けど、それらのバラバラの意見が融合した時に素晴らしいアイデアになると思います。」

text

入学おめでとう


改めて書くのも変ですが…


新入生の皆さん、国際教養大学に御入学おめでとうございます。


はっきり言うと、これから、「自分の頭の中で描いていたAIUと違う!!」や「こんなのAIU生じゃない!!」と思う瞬間が訪れると思います。


当たり前です。


この大学、開学10年なんです。

まだまだ、伝統なんてないんです。

日々変わって行くのがAIUなんです。

パンフレットに書かれていたAIUなんて、もう半年とか一年前のAIUです。



良い方向や理想の方向に導いて行くのが僕たち学生の役目です。



そのためには、たくさん勉強して、たくさん遊んで、たくさん刺激し合い、たくさんアクションを興さなくてはいけません!!


決して守りの姿勢に入らないでください。

絶対自分に嘘をついて、こんなもんでいいとか、自分はこんなもんと決めつけないでください。


何か不満があったらぶつけましょう、言い合いましょう、変えちゃいましょう。


それでこそAIU生。


最後にもう一度、入学おめでとう。
日本一、いや世界一の大学にするぞ、俺たち、私たちで。

text

『「計画性:ノリ」この比率。』

link

国際教養大学竿燈会がウェルカムパーティー後学生会館前で演技をしました。

photoset
About
shizuokershugo
秋田の国際教養大学1年10期ギャップイヤー生
大橋修吾のtumblelog (日記&ウェブスクラッピング)

Shugo's tumblelog.
Diary and a Web scrapbook of a freshman in Akita International University.

Recent Tweets

Instagram Photos

Posts I Like

Blogs I Follow